トップページ > 診療案内 > 予防歯科

予防歯科

予防歯科って何ですか?

予防歯科とは、虫歯や歯周病になってから治療するのではなく、病気になる前に歯科医院でのプロフェッショナルケアと、歯科医師と歯科衛生士の指導に基づく毎日のセルフケアによって、健康な口内環境を作り維持していく歯科医療のことです。

虫歯を削って入れた詰め物やかぶせ物は、時間がたつにつれて少しずつ変形し、そこにできた小さな隙間から再び虫歯菌が入り込んで虫歯を再発させてしまいます。そうして再治療再治療を繰り返すたびに歯は弱く小さくなっていきます。

一度治療した歯の再治療を防ぐためにも、なかもずあおぞら歯科では治療後の定期検診をおすすめしています。

原因とクリーニング

虫歯や歯周病の原因は、プラーク(歯垢)と呼ばれる歯の表面についた白くネバネバしたものです。
プラークは食べかすではなく大量の細菌の塊で、プラーク1g中の細菌の数は1,000億とも言われています。このプラーク中の細菌によって虫歯や歯周病になるのです。

バイオフィルムはしぶとい

口腔バイオフィルム ブラシ

細菌がもっとたくさん集まって、表面にヌルヌルした膜をはったものをバイオフィルムといいます。バイオフィルムはネバネバヌルヌルなので、洗口液などで洗い流されません。また、抗菌薬もバイオフィルム内部に浸透しにくく、うまく効果を発揮できないのです。しぶとく歯にへばりつくバイオフィルムを破壊するために、まず大切になるのはご家庭での毎日の歯磨きです。
しかし、歯と歯の間や歯肉との境目などは磨き残しやすく、十分にバイオフィルムを破壊することが困難です。そこで、歯科医院で専門の機械を使った徹底的なクリーニング(PMTCといいます)をする必要があります。

PMTCには、ゴムのカップや柔らかいブラシを使うので、痛みもなく歯も傷つけません。歯科医院での定期的なプロフェッショナルケアと、歯科医師・歯科衛生士の指導に基づくお家でのセルフケアをバランスよく両立することで、効果的にバイオフィルムを除去して虫歯や歯周病の予防になるのです。

位相差顕微鏡で実際に菌を"見る"

プラークの中にひしめく菌たちを、実際に見ることでイメージをつかむとともにお口の中の状態を把握することができます。

プラークを少量採取

プレパラートを作る

歯に付着したプラークを、胡麻の一粒程採取します。

顕微鏡で確認してみましょう

位相差顕微鏡とモニタ スピロヘータ

実際に確認してみると、少量のプラークの中に多くの細菌がいることがわかります。
菌の数、大きさ、元気に活動しているかどうかで、お口の中が菌にとって活動しやすい環境なのかそうでないのかを知ることができるのです。
たくさんの菌が動いているところは、少し気持ち悪いかもしれませんが、きっとあなたの予防に対する意識を高めてくれるはずです。

虫歯予防のためのフッ素

虫歯は、細菌の出す酸によって歯のミネラルが溶けだしてしまう(脱灰)ことで発生します。歯がミネラルを補給(再石灰化)しても、それよりもたくさんミネラルが溶けて出て行ってしまうと虫歯は大きくなっていきます。

フッ素は歯を守ってくれる

フッ素が歯を強くしてくれます

フッ素には、ミネラルを取り込んで再石灰化を促進し、さらに溶け出すミネラルの量を抑える効果があるので、これを歯に塗ることで、虫歯で穴が開く前の初期の虫歯をもとの健康な歯に戻すことができるのです。

乳歯の虫歯予防とシーラント

生後6~9か月頃には乳歯が生えはじめ、3歳頃には乳歯が生えそろってきます。生えはじめの歯はまだ未熟なので虫歯になりやすく、お子さまの口腔ケアには保護者の方の協力が必要不可欠です。

シーラントが効果的

シーラントで虫歯菌を通さない 磨きにくい溝

「シーラント」とは、奥歯のかみ合わせの面にある溝に樹脂を詰めて、虫歯菌や食べかすが入らないようにする予防処置です。特に奥歯の溝は深く、なかなか歯ブラシの毛先が届きません。
処置後は、かみ合わせの力などで欠けたり、取れたりすることもあるので、定期的にメンテナンスが必要です。シーラントは取れてしまわない限り、溝を直接封鎖するので、虫歯予防に大きな効果があります。